退職時に有給休暇を消化しようとしたら拒まれた!対処法は!?

退職時-有給消化

退職時に有給休暇を拒まれるケースが結構多いようです。実際に私も退職時に有給消化を拒まれました。困っている人もいるのではないかと思いその対処法についてまとめてみました。特に体質の古い会社や、小さい会社では良く聞くトラブルです。



スポンサードリンク



有給休暇について

そもそも有給休暇とはどのような権利なのか。法律上どのような扱いなのか、まずは有給休暇について理解しておく必要があります。交渉を有利に進めるためには、従業員の権利と会社の権利について知っておく必要があります。


有給休暇を行使する権利について

有給休暇は、労働基準法によって取得が義務づけされている法定休暇。従業員が有給休暇を取得したいと伝えた場合取得が可能です。


会社は有給休暇の時季を変更することができる

休暇を従業員から請求された場合、会社には有給休暇の取得時期を変更できる権利を持っています。

但し、退職時の有給消化の場合、その時期の変更ができません。従って、会社は従業員の請求を受けざるを得ないのが現実です。



退職時に有給休暇は使うべきか?

そもそも有給休暇を使用するのは正当な権利の行使です。これが退職時であろうとその権利は同じです。有給休暇は長年まじめに働いてきたからこそ正当に与えられた権利です。後ろめたい気持ちになる必要はありません。自信をもって権利を行使しましょう。



スポンサードリンク



退職時の有給休暇で問題が起きたら

あくまでもこれは労働基準法で定められた権利です。交渉で揉めるような事があれば、この『法律』を会社側へ伝えましょう。揉めた時に判断をしてくれるのが『法律』です。また、交渉時に『メモ』などをとるなどの行動も交渉の証拠を残す意味では重要になります。



まとめ

会社入社時は、有給休暇を付与しますと約束をして入った会社です。退職する時は、有給休暇がなくなりますと明言されている訳ではありません。

実際には、ずる休みを重ねて有給休暇がない人もいます。この様な人に比べて有給休暇が残っている人はちゃんと仕事やってきた人なんです。

会社側から言わせれば退職するんだから『有給休暇は困る』などと言ってくる場合があると思いますが、退職者にそれを言うのは『筋違い』な要求なのです。

転職の『ススメ』これで必ず転職は成功する! 転職の『ススメ』これで必ず転職は成功する!


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ