いざ退職したいけど、退職届の書き方ってどお書けばいいの?ダウンロードできるサンプル(フォーマット)集めてみた!

退職届

いざ会社を退職しようと思い立ったが『退職届』ってどお書けばいいのという人多いのではないでしょうか。今回は『退職届』の書き方について解説いたします。また、お急ぎの方もいらっしゃるかと思いますので、すぐに使える『退職届』のサンプルダウンロード先を記載しておきます。



スポンサードリンク



『退職届』の書き方

退職届

(1)1行目の下段に『退職届』を提出する日付を元号で記入します。

(2)正式な会社の名称と代表取締役社長の名前を書き『殿』の敬称をつけます。

(3)自分が所属している会社の部署名を正確に記入し、その後に自分の名前を書きます。
 注)必ず社長の名前よりも自分の名前が下に来るように書きます。

(4)自分の名前の最後に捺印(認印)します。三文判で問題ありません。

(5)退職理由は『一身上の都合』などの慣用句を用います。また、退職する日付を元号で記入します。

(7)退職届は会社を辞める最終的意思を届出る書面です。『退職いたします』と断定する書き方にします。

注)
日付、名前や誤字、脱字がないことを確認しましょう。特に日付については誤りのないよう十分気をつけましょう。


『退職届』の封書の書き方

退職届-封書

封書の表面に『退職届』裏面に『所属している部署』と『自分の名前』を書きます。白無地の封書を使用します。糊付けして封をする必要はありません。



スポンサードリンク



『退職届』サンプル集

余談ですが、私が退職するときは会社指定の『退職届』に記入しました。会社によっては会社していの『退職届』がある場合があります。


『退職届』ダウンロード先

ネットで『退職届』のフォーマット(サンプル)を探してみました。お急ぎの方はこちらをご利用ください。


『退職届』のサンプル(フォーマット)ダウンロード-01

縦書き

退職届-フォーマット-00

ダウンロード先-01


『退職届』のサンプル(フォーマット)ダウンロード-02

横書き

退職届-フォーマット-01

ダウンロード先-02

スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ