迷ったら転職活動をしてみよう! 『転職活動のすすめ』人生は一度きり!

転職に迷っている人も多いのではないでしょうか。私の周りにも転職したがっている人が結構います。一方、具体的な転職活動をしている人はそれほど多くないような気がします。

転職って結構悩んでいる人も多いのではないでしょうか?そこで、今回は、転職しようかなぁなど、少しでも転職したいと思った人に向けて具体的にどの様に転職活動を進めたらいいかについて、私の転職経験も踏まえお伝えできればと思います。

転職2




スポンサードリンク




先ずは『転職活動』をしてみよう!


実際、転職したいと思う理由も様々あると思います。『やりたいことがある』『給料が安い』『仕事が忙し過ぎる』など色々あるでしょう。私の周りでは、『忙し過ぎる』『上司が嫌だ』が多い様です。

転職はこれらの『転職したい理由』を解決するための手段になるかもしれません。実際に転職する理由など何でもいい訳です。

自分が今の仕事や職場に満足しているかが重要な判断基準になります。少しでも違和感を感じるのであれば、転職活動をはじめるのも一つの方法だと思います。実際に転職活動をしたからと言って、今の段階で会社を辞めることを決断した訳ではありません。

転職活動を会社の仕事と並行して行い、いい転職先が見つかったら辞めるくらいのスタンスで転職活動をはじめるのも一つの方法です。

現職中に転職活動をしよう!転職率は現職中が有利
これは私が転職した際に、『大手転職エージェント』の担当者が言っていた事ですが、現職中の転職率の方が、圧倒的に有利との事でした。また、その転職エージェント会社は、退職後5ヵ月までしか面倒を見ないとの事でした。この理由は、転職率が5ヵ月を過ぎると落ちるというのがその理由でした。




転職エージェントに登録しよう!


いざ、転職をしようと考えた時に、どの様に転職活動をしたらいいか分からない人も結構多いのではないかと思います。

最近では、『転職エージェント』に登録をし、その『転職エージェント』より紹介してもらった転職先に応募するのが一般的です。


なぜ転職エージェントが転職先を紹介してくれるか?

企業は『転職者』採用のための仕事を大量に抱えたくないとい事情があります。転職者採用のために従業員を雇ったりすると企業の費用負担も多くなるためです。このため、転職者採用のプロでもある『転職エージェント』が企業の代わりに、転職者の窓口となって企業の求人を紹介しているためです。企業は転職者の採用業務をアウトソーシングしている訳です。


転職エージェントの収入源は?

『転職エージェント』は、人材を紹介する代わりに、企業からお金を貰っています。具体的には、『転職エージェント』が紹介した人材が企業に採用された場合、企業が『転職エージェント』に採用手数料を支払います。このため『転職エージェント』は、親切に『転職希望者』へのサービスを行ってくれる訳です。


『転職エージェント』『転職希望者』『採用企業』3者が得をする『WIN、WIN』の関係

この3者の関係は、3者が得をする仕組みがあります。


転職希望者

無料で転職先企業を大量に紹介して貰える。転職に関するコンサルなどを無料で受けられる。


採用企業

転職採用の部門を専門に持つことなく必要に応じて転職希望者を紹介してもらうことができる。


転職エージェント

転職者を企業に紹介し採用企業から収入を得ることができる。


なぜ転職エージェントは何をしてくれるの?

『転職エージェント』は転職希望者へのコンサルや企業との日程調整などを行ってくれます。

・自身の強みや市場価値を教えてくれる「キャリアカウンセリング」の実施
・面接の日時設定や転職者の推薦文作成など、求人応募における企業との窓口対応
・面接のアドバイスなどの情報提供
・企業の詳細情報や面接対策などの情報提供


転職エージェントへの登録は秘密情報扱い

転職する際に『転職エージェント』に登録すると、現職中の会社に知られたりしないか?ということを気にする人がいます。『転職エージェント』の求人案件にも現職の会社がある場合もあります。

『転職エージェント』は、登録者情報を漏洩することはありません。登録情報も秘密保持されます。なので『転職エージェント』へは安心して登録することができます。




転職エージェントと面接して転職の希望を伝えよう!


転職エージェントに登録をすると、次は、実際に転職エージェント担当者との面接になります。この面接は、自分の職歴がどの様なもので、自分の希望がどの様な職種や企業かを伝える面接です。私の場合はこの時に、希望職種の提示を『転職エージェント』から受けました。

面接をする際は、自分の経歴(職歴)を簡単に説明できるようにしておきましょう。また、希望企業や職種については明確にしておきましょう。転職エージェントの担当者が求人を提示する際にスムーズに事が運びます。

ここで希望企業や希望職種については物怖じすることはありません。自分が素直に働きたい企業、職種を伝えましょう!

転職エージェントは未公開求人を多数もっている!

大手の『転職エージェント』のサイトなどを見ると、企業からの求人を見ることができます。実はこの求人は氷山の一角なんです。

私が実際に『転職エージェント』と面接した際に提示された求人は、数百件に上りました。こんなにあるのかというぐらい紹介してもらいました。これらの未公開の求人は、『転職エージェント』と面接しないと出てこない案件です。

なぜ、未公開求人が存在するか?
採用企業側も大々的に公開できない都合もある様です。例えばメーカの求人の場合、○○の開発業務などという求人がありますが、この開発案件が、極秘開発である場合などがあり、公開したくないというのが企業側の事情としてあったりします。



スポンサードリンク




求人に応募しよう!


『転職エージェント』から紹介してもらった求人の中から、自分の希望に合った企業を選び求人に応募しましょう。


求人応募に職務経歴書は必須!

職務経歴書とは、現在までに自分が職務で経験したことをまとめた履歴書の様なものです。この職務経歴書は、今までの業務をまとめた書類になります。

この職務経歴書の出来が良ければ、求人企業の目に止まりやすくなり転職活動がスムーズに進む事があります。職務経歴書作りは、転職活動の中で最も重要な作業です。




入社テストを受けよう!


職務経歴書などの書類選考に受かると、入社試験になります。中途採用の場合、入社試験は、『面接』がほとんどです。企業によっては『筆記試験(SPI、専門分野)』があります。

私は転職する際に、5社の求人に応募しました。ほとんどの企業では、『面接』に力を入れていました。『筆記試験』は、参考程度という感じでした。この『筆記試験』は、どちらかというと、業務を進めるうえで問題のないレベルかどうかを見極める程度の目的なのではないかと思います。




スカウトサービスを利用しよう!


転職活動がめんどくさい、腰が重いという人のために、どの『転職エージェント』にもスカウトサービスがあります。

このスカウトサービスは、自分の職務経歴書などを登録しておき、その職務経歴書を見た企業からスカウトを待つことができるサービスです。

私の友人もこのスカウトサービスに登録して転職しました。その友人は、希望職種と希望年収を登録していました。そもそもあまり転職する気はなかった友人ですが、同職種で収入増加する企業からのスカウトを受け、その後すぐに転職しました。

転職活動したいけど、めんどくさい人、腰が重い人のために『転職エージェント』には便利なサービスがあります。こんなサービスを受けるためにも『転職エージェント』に登録することをお勧めします。




まとめ


転職するかしないかは別として、転職活動をはじめてみましょう。いざ転職活動をはじめると、だんだんその気になってきます。そのうち、『自分の希望企業に入りたい』という気持ちが湧いてきたりします。

一番重要なのは、『行動』することだと思います。転職活動し、企業の内定を貰っても、行くか行かないかは自分自身で選択することができます。今の会社より希望が持てそうとか、高待遇を勝ち取ることができたら実際に転職すればいいと思います。また、内定を勝ち取ることで、現職の企業に対しても強気な姿勢をとることも可能です。

人生は一回です。多くの選択肢の中からより自分にとって最適な勤務先を選ぶ意味でも、転職活動は重要な活動です。人生の時間のほとんどを過すかもしれない会社なので慎重に選択しましょう。

転職の『ススメ』これで必ず転職は成功する! 転職の『ススメ』これで必ず転職は成功する!
スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ