【芦ノ湖】は日本で最初にブラックバスが放流された湖です。バス釣りの歴史も長く、【神奈川県】では屈指のバスポンドです。バス釣り以外では、トラウト釣りも有名な湖です。今回はこの【芦ノ湖】でバスが釣れるポイント(場所)についてご紹介させて頂きます。



スポンサードリンク


【芦ノ湖】について

【芦ノ湖】は、神奈川県南西部にある県内最大の湖。約3000年前、箱根火山の水蒸気爆発により山の一部が崩壊し、それが川を堰き止めて生まれたのが【芦ノ湖】です。【芦ノ湖】は箱根の観光スポットとしてだけでなく、バス釣りのフィールドとしても人気で、大正時代にノーザンラージマウスバスが、実業家の【赤星鉄馬氏】により放流された湖としても有名です。


ワーム禁止

2000年にワームでの釣りが禁止になりました。このため【芦ノ湖】でバス釣りをする人が減り、近年ではコンディションの良いバスが数多く釣れるようになったと言われています。プレッシャーも低くなり、昔に比べバスが釣れやすい湖になりました。


ノーザンラージマウスバス

日本には、ノーザンラージマウスバス、フロリダバス、スモールマウスバスが生息しています。【芦ノ湖】にはノーザンラージマウスバスが生息しています。ノーザンラージマウスバスは、フロリダバスより大型化しないと言われていますが、近年の【芦ノ湖】では、大型(50up)のデカバスが、数多く釣れています。近年の【芦ノ湖】では、フロリダバスに匹敵するくらい、ノーザンラージマウスバスの大型が釣れています。

・【芦ノ湖】の釣果


水質がクリア

目視で湖底が見えるほど、【芦ノ湖】は透明度が高い湖です。【偏光サングラス】を使えば、かなり多くの情報を目で得ることができます。【芦ノ湖】釣行の際は、【偏光サングラス】がかかせない【アイテム】と言えます。

関連コンテンツ

【偏光サングラス】の必要性



スポンサードリンク


釣り方

【芦ノ湖】のバス釣りは、春・夏・秋がおすすめです。季節毎の大まかな【パターン】を把握しながら釣行することで、効率良く釣果をあげることが可能です。ワーム以外のルアーでも十分楽しむことができます。


プリスポーンの時期(トラウトの解禁後)は、トラウト狙いのミノーやスプーンで良型バスが釣れます。良いサイスの魚は冬に近い状態でもシャローに差して活発に捕食します。冬が終わる水温の低い時期でもハードルアーでバスを釣ることが可能です。


アフタースポーンに入り、梅雨時期になるとシャローの釣りが楽しめ、この時期は、トップにも反応がよくなり釣りをしてても楽しい季節です。遠浅のシャローエリア、4~5mのディープから水面まで喰い上がってくるよう釣り方もできます。これはクリアレイクである芦ノ湖ならではの釣り方です。天候は、ローライト、雨等、バスの警戒心が低い日がおすすめです。

梅雨が明けると日中のシャローの釣りは難しくなります。人工物やブッシュのシェイド狙等がメインの釣り方になります。但し、水中の岩やウィードのシェードでは中層で食わせることが可能です。【偏光サングラス】でストラクチャーの情報を正確に把握すると釣果を伸ばすことが可能です。


秋はシャロー、ミドルレンジの釣りから、少しずつディープにシフトします。



スポンサードリンク

ランガン【マップ】


芦之湖漁協蛭川養魚場周辺(成践)

蛭川(ひるかわ)河口が流れだし、庭石周辺のエリアです。水中の地形変化が大きく、ボトムは砂浜、粘土と変化が多く、バスが集まるポイントです。流れ込みにはベイトも多く集まり一級ポイントです。朝、夕マズメは、広範囲を手早く探れるルアーがおすすめです。春・夏・秋は表層系のトップウォーター、ミノー、クランクベイトというようにレンジを徐々にさげながら釣りをするのがおすすめです。


箱根神社下

大岩が点在するエリアです。箱根神社の鳥居より東側の湾内は急なブレイクがあります。西側は岸から50mくらい先までシャローフラットがあります。このエリアは湧水が多く水温が1年中安定していてウィードも多いためバスの魚影も濃いエリアです。ポイントは、バスがシャローに居るか、ディープにいるかの見極めです。時期によりバスの付いているエリアが変わるため、広範囲を探り見極めるようにしてください。


元箱根湾

足場は護岸が多く丘っぱりがしやすいポイントです。水中は、変化の少ないフラットな地形であるため、ストラクチャー周り(ウィードパッチ、岩等)を重点的に攻めると効率良く釣れます。ルアーを遠投し、ウィード、ウィードとブレイクラインがある複合ポイントを狙うのがおすすめです。朝、夕マズメはシャローの広範囲にバスが散っているため、トップウォーター、ミノー等がおすすめです。


白鳥ワンド

白鳥ワンドは多数の係留ボートがありストラクチャーになっています。多くのバスが日中はボートの下等についています。朝、夕マズメは、ボートの下からでて捕食します。バスのストック量も多くおすすめのポイントです。


コペリの鼻

元箱根湾の入り口付近に位置する岬です。水通しが良いポイントです。多くの魚の回遊ルートになっています。春はディープから上がってくるバスが先ず立ち寄るポイントで、ブレイクライン近くをミノー等で探ると数釣りをすることができます。沖のブレイクラインにはウィードも多く釣りやすいポイントです。


箱根湾周辺

箱根湾は、桟橋、係留船、流れ込み等、バスがつきやすい条件が揃ったエリアです。周囲を手早くランガンしながら探るのがおすすめです。特に流れ込みはベイトも集まりやすく、釣れる可能性が高いポイントです。有望ポイントでは回遊を待って粘るのもひとつの戦略です。


三ツ石

三ツ石周辺は、大小の岩が多数あり岬の先端付近には粘土質の馬の背が張り出しているポイントです。ブレイクラインに沿ってベイトが回遊します。水中にある岩の周辺に多くのバスがついています。


白浜

芦ノ湖の中で魚種を問わず魚影が濃いポイントです。馬の背状の水中岬、ゴロタ石、砂浜等、ワンド内の地形は変化に富み、ストラクチャーも豊富です。中央部にある流れ込みは、見た目は水量がありませんが、沖で伏流水として水を吐き出しています。このため沖のエリアで魚が溜まっています。


深良水門周辺

深良水門から静岡県側に流れ出しているアウトレットです。水門周りは水が動いているため魚影の濃いポイントです。ウィード、杭等のストラクチャーも豊富でベイトフィッシュも豊富です。ウェーディングのポイントとしても有名です。


早川水門周辺

芦ノ湖最大のアウトレットになります。常時水が流れている訳ではありませんが、一度、水門が開くとその周辺の水が動き、急激に魚の活性があがります。魚のストック量が多いポイントです。


湖尻湾周辺

芦ノ湖の中で最も大きな湾です。砂浜、岩場、桟橋等が広いエリアにに点在しています。おすすめは、オーバーハング、倒木、ウィードになります。観光船が出入りしたあとは、周囲の水が大きく動くため、一時的に魚の活性があがります。


九頭龍神社周辺

九頭龍神社周辺は、芦ノ湖の幅が最も狭いエリアです。このため流れが発生しやすく水通しが良いため魚影の濃いポイントになります。



スポンサードリンク



スポンサードリンク


【全国(都道府県別)】バスが【ルアー】で釣れる場所

北海道 [ 道北 | 道東 | 道央 | 道南 ]
東北 [ 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
関東 [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]
信越 [ 新潟 | 長野 ]
北陸 [ 富山 | 石川 | 福井 ]
東海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]
近畿 [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
中国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]
四国 [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
九州 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]
沖縄 [ 沖縄 ]



スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか。今回は【神奈川県】にある【芦ノ湖】でバスを釣る場所(ポイント)についてご紹介させて頂きました。是非、参考にしてみてください。

関連コンテンツ

【神奈川県】でブラックバスが釣れるポイント(場所)



スポンサードリンク


【自由な時間とお金を手に入れよう】

もしお金と自由な時間が手に入ったらどおしますか。好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!



スポンサードリンク