【相模川のおかっぱり】でラージマウスバス・スモールマウスバスが釣れるポイント(場所)小倉橋・昭和橋・猿ヶ島・座架依橋

相模川は神奈川県を流れる1級河川です。この相模川には昔からラージマウスバスが生息しています。また、近年になり、スモールマウスバスも増えてきました。今回は、その相模川で、ブラックバス(ラージマウスバス・スモールマウスバス)が釣れるポイント(場所)をご紹介させて頂きます。


小倉橋周辺

上流には、神奈川県有数のバスポンドである津久井湖、相模湖がある。この小倉橋周辺は、ブラックバスを釣ることが可能だ。しかし、あまり数釣りは期待できない。ただ、自分でポイント(場所)を探すことで、思いもかけない大型のバスを釣ることができるかもしれない。


昭和橋周辺

昭和橋周辺の厚木川のテトラポット帯の前には、シャローエリアが広がっている。このシャローエリアにはベイトも豊富で、バスも付いている。ラージマウスバス・スモールマウスバスのいずれも釣ることが可能だが、数は期待できない。


猿ヶ島周辺

猿ヶ島周辺は、相模川上流部としては、最も有名なポイントであるため、あえて公開しました。このポイントは、ほぼ全域でラージマウスバス・スモールマウスバス・雷魚(ライギョ)・鯰(ナマズ)を釣ることが出来ます。

数釣りはできませんが、釣れると良型の魚が多く、足場も良いため、相模川上流部では、最も人気のポイントとも言えます。特に、減水した時は、魚の居場所が限定されるため、釣果を上げやすい傾向があります。


座架依橋周辺

猿ヶ島の下流部に位置している座架依橋は、ラージマウスバス・スモールマウスバスを釣ることが可能です。猿ヶ島に比べ、プレッシャーも少なく、広範囲にバスが生息しているため、丹念に探せば、意外なところで釣ることが可能です。



スポンサードリンク


まとめ

今回ご紹介したポイントは、誰でも知っている超メジャーポイントです。これらのポイント(場所)以外に、多数のポイント(場所)があります。また、増水等で出来た溜まり水のようなポイント(場所)でも釣ることが可能な場合があります。

定期的に、自分のポイントを開拓することで、思いもよらない釣果につながる場合があります。是非、実践してみてください。

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】


バス釣り ブログランキングへ



スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ