【白髪の原因って何!?】老化・活性酸素(ストレス)!?おすすめの白髪染めは!?人気(おすすめ)【ランキング】

だんだん白髪が増えてきたと悩んでいる人も多いのではないでしょうか!?そこで今回は、その白髪の原因と対策について解説させていただきます。


白髪が生える直接的な原因【メカニズム】

白髪は、黒い髪の色素が抜けて白髪になるわけではありません。髪の毛は、毛母細胞にて作られます。この時髪の毛の色は白です。その後、色素細胞(メラノサイト)により色素により黒色に染められます。

つまり、この色素細胞(メラノサイト)で染色されない場合に、白髪のまま髪の毛が生えた状態が白髪が増えたという現象になります。

白髪になる原因は2つあります。


  • 欠失
  • 休止


欠失

色素細胞(メラノサイト)が染色のためのメラニン色素を作れなかった時。


休止

毛母細胞に異常があり、毛母細胞がメラニン色素を受け入れられなくなった時。


白髪が生える間接的な原因


  • 血行不良
  • 栄養不足
  • 老化


血行不良

血行不良は白髪の原因のひとつです。血流が悪くなると頭皮まで栄養が届きづらくなります。


栄養不足

色素細胞(メラノサイト)は白髪を染める細胞です。この色素細胞(メラノサイト)が白髪を黒髪に染める際に、幾つかの栄養素が必要になります。

色素細胞(メラノサイト)は、メラニンの生成時にチロシナーゼとよばれる酵素を必要とします。このチロシナーゼが不足すると白髪の増える原因になります。


老化

個人差はありますが、白髪は30代あたりから増えはじめます。老化する原因としては活性酸素が挙げられます。活性酸素は、肌などの老化の原因となることは良く知られています。この活性酸素は白髪になる原因とも言われています。


活性酸素が増える原因


  • ストレス
  • 紫外線
  • 喫煙
  • 睡眠不足


ストレス

ストレスは活性酸素を増加させると言われています。また、活性酸素はビタミンCの消費を増やします。ビタミンCは、抗酸化物質であるだけでなく、ストレスを和らげてくれる働きもあるため、ビタミンC不足に陥ると酸化防止とストレス緩和の機能がなくなるため、活性酸素が増加する原因になります。


紫外線

活性酸素は紫外線を浴びることでも増えます。


喫煙

タバコに含まれる有害物質は活性酸素を増加させます。


睡眠不足

睡眠中に脳から出されるというメラトニンは活性酸素を除去するといわれています。つまり、睡眠不足になるとメラトニンによる活性酸素の除去量が減るため、活性酸素が増加すると言われています。

また、睡眠不足は成長ホルモンの分泌が妨げると言われています。成長ホルモンは午後10時から午前2時までの4時間の間に睡眠を取っていると活発に分泌されます。

白髪の原因の一つは、色素をつくる細胞が死滅してしまうことにあります。成長ホルモンは、細胞分裂を促進する効果があり、死滅した細胞を補ってくれる役割を担っています。



スポンサードリンク


白髪対策

白髪の対策は、上記の原因で説明した内容の改善が必要です。


血行を良くする

・現在作成中


栄養を取る

栄養不足は白髪の原因になります。特に白髪に良いと言われる栄養の摂取は白髪予防になります。白髪に効果があると言われている栄養素は、ヨード、チロシン、銅などがあります。

ヨードは、細胞の成長や代謝を促進し、メラノサイトを活性化することができます。チロシンは、色素の原料になります。このチロシンが不足すると髪の毛に色がつかなくなるため、白髪が増える原因になります。銅は、チロシナーゼのはたらきを助ける作用のある成分です。体の中では合成できないので食物から摂取する必要があります。


ヨードを多く含む食材

海藻類や魚介類です。具体的には、昆布、ヒジキ、ワカメ、カツオ、ブリ、サバ等。


チロシンを多く含む食材

ナチュラルチーズやプロセスチーズなどのチーズ類や、果物ではバナナ、アボカド、リンゴ、魚介類ではカツオ、マグロ、タラコ、ウルメイワシ、大豆やナッツ類ではアーモンド、豆腐等。


銅を多く含む食材

納豆、ゴボウ、ニンニク、そば、サツマイモ、玄米、エビ、カニ、プルーン等。


老化防止(アンチエイジング)

・現在作成中



スポンサードリンク


白髪がどうしても気になる

白髪は、顔のイメージを大きく変えます。従って、若く見られたいと言う場合には、白髪染めを行うのがおすすめです。白髪染めの種類には幾つかあります。


  • 白髪染めタイプ
  • トリートメントタイプ
  • シャンプータイプ
  • スプレー・パウダータイプ


白髪染めタイプ

白髪染めは、髪の毛を痛めやすいデメリットもありますが、効果が高く持続性も高くなります。また、白髪染めの成分が髪の毛に付着する事で髪の毛全体が太く見えて薄毛対策にもなります。

市販されている商品は様々な商品がありますが、髪質との相性が重要で最初のうちは数種類試して自分に合う白髪染めを探すがおすすめです。

男性の場合は女性用の白髪染めを使用する事も可能で、髪の毛を全体的に固くしたいか、柔らかくしたいかなどの要望に合わせて白髪染めを選ぶ事も可能です。

男性用も保湿成分を含んでいるため、白髪染めとの相性が良ければ大きく髪の毛を傷める事なく利用できます。


トリートメントタイプ

毎日のお風呂で気軽に髪の毛のケアをしながら白髪染めをする事が可能ですが、一回の使用では白髪が染まらず継続利用する事で徐々に目立たたなくなります。


シャンプータイプ

毎日のお風呂で気軽に髪の毛のケアをしながら白髪染めをする事が可能ですが、一回の使用では白髪が染まらず継続利用する事で徐々に目立たたなくなります。


スプレー・パウダータイプ

スプレー・パウダータイプなどは、その場しのぎの一時的なものです。一般的には夜にお風呂で洗い流すタイプの商品です。緊急時のエチケットや、行事の際に利用する人が多いのが特徴です。


白髪染め【人気(おすすめ)ランキング】

・現在作成中


まとめ

今回は、白髪の原因と対策、白髪を染める事ができる商品について解説させていただきました。抜本的に対策としては、白髪の原因を理解しその対策を行う事です。どうしても白髪が気になる場合はヘアカラー(白髪染め)等で対策するのが良いでしょう。



スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ