太文字のためのHTMLタグ <b> と <strong> はどう違うのか

Blogサイトで文字を強調したい時に使うHTMLタグ
<b>~</b><strong>~</strong>
があります。

ブラウザで見ればどちらも太字で表示されますが、違いはあるのですか?

「b」と「strong」

スポンサードリンク

太文字のためのタグ <b> と <strong> にはSEO効果の違いがある!

実は大きな違いがあります。アクセスを上げるためのSEOに関係があるのです。

<b>は太字タグと言います
文字を単純に太字にしたい場合に使います。

<strong>は論理強調タグと言います。
強調したい表現などに用います。太字になり、かつ、検索エンジンがこの論理強調タグ<strong>を重視します。 よって、<strong></strong>で囲んだこのキーワードがSEO対策になると考えて良いと思います。

ただし、<b>もまったくSEO対策にならないことはないようです。私は地味な強調という位置付けで考えています。

各無料ブログサービスの編集画面にあるツールバーの太字タグを調査すると、以下の通りでした。
・FC2blogでは <strong>
・livedoorBlogでは <b>
・WordPreesでは <strong>

<b>と<strong>の違いなど、深い意味は考えていないのかも知れません・・・


SEOに強い論理強調タグ<strong>の使い過ぎは禁物!

SEOに強い論理強調タグ<strong>を やたらめったら使ったらどうなのでしょうか?

アクセス来い!
<strong> <strong> <strong> !!!!

ウザすぎる~、クドい・・・そして嫌がられる。 必殺技の連打は良くないです。
サイトの世界でもgoogle検索エンジンさんに嫌われたら・・・アクセス来ませんから(笑)

と言うことで、<strong>は、ほどほどに使うのが良いでしょう。

私の場合の一例

今日は友達と<strong>横浜</strong>の<strong>山下公園</strong>でバーベキューをしました。<b>食材は目の前の海で収穫した魚や貝!新鮮な海の幸はとても旨かったです。</b>
今日は友達と横浜山下公園でバーベキューをしました。
食材は目の前の海で収穫した魚や貝!新鮮な海の幸はとても旨かったです。



固有名詞、場所などはSEOのキーワードになりますので <strong></strong> を
文章を強調させたいだけの場合やSEOが要らない名詞などには <b> </b> を使う。

気にしていなかったので、これから気にしながら記事を、こんな感じで書いていきます。

参考文献:

http://www.dspt.net/seo/005/004.html
http://review99info.blog111.fc2.com/blog-entry-18.html


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ