夏に『ルアー』フィッシングを楽しもう!ターゲット(対象魚)は何!?『黒鯛(クロダイ)、シーバス、マゴチ、鯰(ナマズ)、雷魚(ライギョ)』等、おすすめ【ランキング】のルアーは!?

夏は、『ルアー』フィッシングを楽しめる最高のシーズンと言えるでしょう、昼間も夜も多くのターゲット(対象魚)を狙う事ができます。そこで今回は、夏にルアーフィッシュングの対象となるターゲット、時間、おすすめのルアー等についてご紹介させて頂きます。

海水では、シーバス、クロダイ(黒鯛)、マゴチ、青物、淡水では、鯰(ナマズ)、雷魚(ライギョ)等が、主な対象魚(ターゲット)になります。



スポンサードリンク





シーバス

一年中釣れるシーバスですが、この時期は、水温も上がり、活性が高くなります。トップウォーター等の表層系のルアーにも反応が良くなり、サーフ、堤防、河川等、あらゆる場所で釣ることが可能です。特に夏は、昼間に潮が多く動くため、昼間もシーバスの活性が高く良く釣れます。また、この時期のシーバスは旬であるため、食べても大変美味しい時期です。


マゴチ

シーバスと並び、大型のルアー対象魚(ターゲット)として、マゴチがおすすめです。この時期のマゴチは、食べても大変美味しく、おすすめのターゲット(対象魚)になります。おすすめのルアーは、ワーム、メタルジグ、バイブレーションが有効です。


クロダイ(黒鯛)

夏になると、黒鯛(クロダイ)は、河川に遡上し浅場に寄ってきます。朝夕マズメは、割と簡単に釣ることが出来ます。最近流行りのルアーフィッシングの対象魚(ターゲット)になっています。おすすめのルアーは、トップウォーターになります。


青物

夏と言えば、青物のショアジギングがおすすめです。何といっても青物の引きは一度味わったら病みつきになるぐらいのエキサイティングな釣りですう。イワシ等が接岸している場合は、釣れる可能性が高くなります。対象魚は、イナダ、サワラ、ソウダガツオ等、何が釣れるか分からないのも、魅力の一つです。おすすめのルアーは、トップウォーター、ミノー、メタルジグになります。これらのルアーを表層早巻きすると有効です。




淡水(湖・川)


ナマズ(鯰)

夏と言えば、鯰(ナマズ)です。実は鯰(ナマズ)は食べても美味しい魚で、釣るだけじゃなく食べる楽しみもあります。釣れやすいのは夜で、おすすめのルアーはフロッグ等のトップウォーター等、音によるアピールの強いルアーやビックベイト等の波動が大きいルアーが有効です。


ライギョ(雷魚)

鯰(ナマズ)と並び、人気のターゲットは雷魚(ライギョ)になります。基本的には、鯰(ナマズ)と同じ釣り方で釣れます。鯰(ナマズ)や雷魚(ライギョ)を夜狙っていると、大型のブラックバがヒットする場合もあります。



スポンサードリンク




まとめ

夏は、気温もあたたかいため、一日中ルアーフィッシングを楽しむことが出来ます。従って、朝は海に出かけ、シーバス、黒鯛(クロダイ)、マゴチ等を狙い、夜には、鯰(ナマズ)、雷魚(ライギョ)を狙う等の組合せも可能です。是非、楽しいルアーフィッシングの計画を立ててみてください。

【ルアーフィッシングをはじめよう!】ブラックバス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、青物まで【ルアーフィッシングの全て】 【ルアーフィッシングをはじめよう!】ブラックバス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、青物まで【ルアーフィッシングの全て】
スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ