夏(6月、7月、8月)のブラックバス釣りパターン!こうすればバスは釣れる!釣り方(攻め方)、おすすめのルアーって何!?

夏 ブラックバス

夏にブラックバスを釣る(攻める)方法について、パターン、ルアーなどのご紹介をしながら解説させて頂きます。



スポンサードリンク


夏にブラックバスを釣るためには押さえておくべきポイント

夏にブラックバスを釣るには、いくつか押さえておくべきポイントがあります。各々の項目について詳しく解説させて頂きます。

  • 夏にブラックバスが居る場所を把握する
  • 代表的な夏パターンを把握する


夏にブラックバスが居る場所を把握する

夏は人間にとってもとても暑い時期です。これはブラックバスにとっても同じ事が言えます。夏のバスが好んで居る場所について解説いたします。夏にブラックバスを釣るためには水温(温度)がポイントになります。


  • 梅雨の時期は表層
  • 流れ込み(インレット)
  • 湖の上流部(リザーバー)
  • 日陰(シェイド)
  • 深場(ディープ)


梅雨の時期は表層

夏と言っても、春が終わった直後の6月、7月はアフタースポーン(産卵後)のバスが荒食いを始めます。特に低気圧でローライトになった場合は、フィールド前提にバスが回遊し、トップウォーターで容易にバスを釣り上げることができます。


流れ込み(インレット)

冷たい水が入ってくる流れ込み(インレット)は、バスにとって過ごしやすいポイントになります。


湖の上流部(リザーバー)

上流河川から冷たい水が入ってく湖の上流部(リザーバー)は湖全体の温度に対し、水温が冷たいポイントになるためバスにとってす過ごしやすいポイントになります。


日陰(シェイド)

日陰(シェイド)は、真夏でも他の場所に比べ、水温が低いため、バスにとって過ごしやすいポイントになります。


深場(ディープ)

深場(ディープ)は日光の影響を受けにくいため、水温が低い状態で安定しており、バスにとっては過ごしやすいポイントになります。


バスが釣れるポイント(場所)


代表的な夏パターンを把握する

夏にはいくつかの定番パターンが存在します。


  • トップウォーターパターン
  • ビックベイトパターン
  • 見えバスパターン
  • 夜パターン


トップウォーターパターン

夏は、バスが表層を強く意識する時期です。特に朝マズメ・夕マズメには、このトップウォーターでのパターンが有効になります。


虫パターン

夏は、バスが水面に落ちる虫を捕食します。この虫に似せたトップウオータープラグや、ワーム等で虫に似せて釣るのが効果的な場合がある。


ビックベイトパターン

夏は、リザーバーのインレット(流れ込み)等に小型から大型のバスがまで狭いエリアに固まっています。ビッグベイトでバスを釣る事が出来る最適な時期です。

【名作】ジョイクロ おすすめ


見えバスパターン

夏は、中層(温度が温かい水と冷たい水の間)にバスがサスペンドしている場合がある。これらのバスは、ほとんど食い気が無く、釣ることは大変難しい。これらの見えバスを思い通り釣って数を増やすのも良いのではないだろうか。


サイトフィッシングに必要な道具

ロッド・リール・ルアーは勿論のこと、サイトフィッシングで最も重要な道具(装備)は『偏光グラス』です。これが無いと、ギラついた水面のせいで『見えバス』を発見することができません。また、発見できても、正確な位置を把握できないため、釣りになりません。『偏光グラス』を使用したことが無い人は絶対に購入することをおすすめします。今まで見えてた光景は一体何だったんだと言うくらい、水中を見通す事が可能になります。


夜パターン

水温が上昇する夏は、バスが夜型に移行する季節である。夜釣りのポイントは昼間は絶対居ない様なシャローエリアなど中心に狙うのが良いだろう。


川バスも夏の選択肢

夏の代表的なポイント(場所)は、温度が低いポイント(場所)です。川(河川)は、常時水が流れていて、安定的に低い温度である場合があります。従って、川(河川)でバスフィッシングを行う事で、効率的に釣果を上げる事が可能な場合があります。

スポンサードリンク


釣り方(攻め方)とおすすめのルアー

 

トップウォーター

朝一・夕マズメ・曇雨などのローライトな状況であれば、トップウォーターがおすすめです。

▼おすすめ

altタグ
トップウォーターについては、こちらの記事をご覧ください。
・バスフィッシング用の『トップウォータープラグ』の種類【まとめ】おすすめは!?


ミノー・バイブレーション

ベイトがボイルしていたりベイトが追われている状況であれば、ミノーやバイブレーションなどのファーストムービング系ルアーがおすすめです。

altタグ
バイブレーションについては、こちらの記事をご覧ください。
・ブラックバスをバイブレーションで釣ろう!種類、釣り方、時期、カラー、おすすめは!?


ワーム・ラバージグ

真っ昼間(日中)で活性が低い時は、ラバージグやテキサス、ノーシンカーワーム等を使いスローにカバー等をピンポイントに狙うのがおすすめです。

【釣れる】ルアーだけ集めてみました!【名作・定番・最強】はどれ!?バス・シーバス・ヒラメ・マゴチ・青物【まとめ】 【釣れる】ルアーだけ集めてみました!【名作・定番・最強】はどれ!?バス・シーバス・ヒラメ・マゴチ・青物【まとめ】


夏はどんな時間が釣れやすい!?

夏は特に朝夕マズメに活性が上がる。時間帯が日の出、日の入り前後30分前後が有効だ。度の時間よりもバスの食い気があるので、手返しの良いルアーで効率良く釣るのがおすすめです。



スポンサードリンク


まとめ

夏のバスフィッシング釣果はいかにバスが居る所で釣る事ができるかというのが重要な要素になります。水温が低い、流れ込み(インレット)、湖の上流部(リザーバー)、日陰(シェイド)、深場(ディープ)が混在するポイントは全ての条件を満足しているため、釣れやすくなります。そんなポイントを見つける事が出来れば、釣果を伸ばす事が可能です。



スポンサードリンク


その他『夏のルアーフィッシング』


関連記事

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】


バス釣り ブログランキングへ
 


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ