初心者でも分かる!アクセスアップ(SEO)に重要なブログの書き方のコツ、タイトル、見出し、読みやすいレイアウト等【基本】

ブログを書きたいけど、書き方が分からないという初心者者の方も多いのではないでしょうか!?そこで今回は、ブログの書き方と題し、『タイトル、見出し、読みやすいレイアウト等』、ブログを書く上で必要なコツについて、【まとめ】てみました。

ブログは、現代では欠かすことの出来ない情報発信ツールとなりました。ブログは誰でも、情報が発信可能なメディアです。このため、あまり質にこだわらなくても情報発信出来てしまいます。なので、ただ書くと言う行為を目的にしてしまえば、質について、特に気にしなくても情報発信出来てしまいます。しかし、これでは、ユーザー(検索する人)のニーズを満足させることは難しいのが現状です。

Googleで上位検索結果に表示されるためには、ブログの質は重要です。上位表示のためには、Googleの評価が良くなければ、絶対にランキングが上昇することはありません。従って、本記事では、Googleの上位検索を狙うために、どの様にブログの記事を書いたら良いかについて解説させて頂きます。



スポンサードリンク




ブログの書き方で重要なこと

本ブログは、Google検索結果上位になっている記事が幾つかあります。これらを獲得するために、ブログ記事を書くために、重要と考えている事を以下に【まとめ】ました。


  • タイトルは疑問文、記事(コンテンツ)はその答え
  • サブタイトルはタイトルを細分化したキーワードを入れる
  • <H3>は<H4>で説明、<H4>は<H5>で説明
  • 結論は先に『箇条書きを使う』で書き、そのあとに説明
  • 説明の文章は簡潔に
  • 画像を有効的に使う


タイトルは疑問文、記事(コンテンツ)はその答え

記事タイトルは、ブログを検索する人が、なぜこのキーワードを検索するかを考えます。一般に、Google等で検索する場合、ユーザーは何らかの疑問があるから検索します。つまり、何かに困っているため検索する訳です。

例えば、『ブログ 記事の書き方』で検索した人は、記事の書き方が分からなくて検索しています。なのでタイトルは記事の書き方について、幾つかの要素を含めたもの、記事(コンテンツ)は、そのタイトルを答える形で構成するのが重要です。

たまに、タイトルは『タヌキ』と書いてあって、記事(コンテンツ)は『キツネ』の事を書いてあるブログを見つけますが、必ず、記事(コンテンツ)は、タイトル(疑問)にたいする答を書いてください。


サブタイトルはタイトルを細分化したサブタイトルを入れる


  • <H3>にはタイトルを細分化したサブタイトルを入れる
  • <H4>には<H3>の細分化したサブタイトルを入れる
  • <H5>には<H4>の細分化したサブタイトルを入れる



<H3>にはタイトルを細分化したサブタイトルを入れる

今回のタイトルは、

『初心者でも分かる!アクセスアップ(SEO)に重要なブログ書き方コツ、タイトル、見出し、読みやすいレイアウト等【基本】』

としました。このタイトルから、<H3>に入れるタイトルを考えると。

<H3>ブログ書き方コツ</H3>
<H3>読みやすいレイアウト</H3>

になります。採用したキーワードは、『ブログ』『書き方』『コツ』『レイアウト』です。この様に<H3>はタイトルのキーワードを使います。SEO的にも、Googleが<H3>内のキーワードはタイトルとして認識するので有効です。



<H4>には<H3>の細分化したサブタイトルを入れる

次に、<H4>についてもタイトルと<H3>の関係と同様に、<H4>は<H3>を細分化した内容にします。

今回の記事では、<H3>を

<H3>ブログ書き方コツ</H3>

としました。この場合、『書き方には』幾つかの方法があるので、その具体的な方法を<H4>に入れます。

<H4>タイトルは疑問文、記事(コンテンツ)はその答え</H4>
<H4>サブタイトルはタイトルを細分化したサブタイトルを入れる</H4>

という感じにします。



<H5>には<H4>の細分化したサブタイトルを入れる

<H4>がさらに細分化出来る場合は、上記と同様に<H5>を作成します。


<H3>は<H4>で説明、<H4>は<H5>で説明

サブタイトルの下には、そのタイトルを説明する記事(コンテンツ)を書きます。


結論は先に『箇条書きを使う』で書き、そのあとに説明



<H3>ブログの書き方のコツ</H3>

結論を記載(箇条書き)
・タイトルは疑問文、記事(コンテンツ)はその答え
・サブタイトルはタイトルを細分化したキーワードを入れる



<H4>タイトルは疑問文、記事(コンテンツ)はその答え</H4>

説明の記事(コンテンツ)



<H4>サブタイトルはタイトルを細分化したサブタイトルを入れる</H4>

説明の記事(コンテンツ)


説明の文章は簡潔に

タイトルを説明する文章は出来るだけ簡潔にしてください。


3段論法を使う

物事を説明するときに、有効な手段として、3段々論法があります。例えば、A=1、B=1、C=1となる場合は、こんな感じに書きます。

Aは1です。Bは1です。Cは1です、従って、A=B=Cです。

の様に簡潔にまとめます。簡潔にまとめるには、ある程度情報を理解しないと書けないので記事を書く場合はある程度の知識も必要になります。

基本的には、

○○は△、従って□。

の様な簡潔な文章がおすすめです。ネットユーザーは短気なので、出来るだけ早い段階で、結論(知りたいこと)を教えるのが最適です。その結論に対して、知りたいと思った場合は、説明も読んでくれます。

タイトルは良いんだけど、記事(コンテンツ)が良く分からない等のブログもあります。折角訪れてくれたユーザーを逃がさないためにも、分かりやすい文章にしてください。

尚、アクセスアップ(SEO)等をあまりに意識するために、文字数等をやたら気にしている人が居ます。無理に文字数だけを稼ぐ分かりにくい文章は出来るだけ避けてください。

分かりにく=離脱

となり、サイト評価を下げる場合があります。文章は、その内容を伝える最小限の言葉になる様に工夫してください。実際に、物事をきちんと説明しようとした場合、文字数としてもかなりの量になります。


結論は必ず書く

タイトルは疑問と言うお話をさせて頂きましたが、説明は、その疑問に対する答え(結論)を必ず書いてください。何を説明したい記事(コンテンツ)か分からなくなってしまいます。結論部分については、強調するために色などを使うのも良い方法です。


改行のコツく

文章はだらだら書くと大変見にくい記事(コンテンツ)になります。しかし、説明するのに長くなってしまう場合があります。この場合は、湯公敵に改行等を使い、出来るだけ見やすい文章にしてください。


良い例

文章は、3行程度に分けて書くのが有効的です。これだけでも大分見栄えが変わります。

AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA

AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA

AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA


悪い例

やたらに文章を繋げると、良い事が書かれているにも関わらず、読みたくなくなる場合があります。出来るだけ、改行を使用し、見やすい文章にしてください。

AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA
AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA
AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA


画像を有効的に使う

書くサブタイトルの下には、画像を使うのも有効的です。文章で説明するより、画像で概念的に説明出来ると、分かりやすいコンテンツになります。画像がある場合等は、貼りつけてみてください。




読みやすいレイアウト

上記の内容をまとめると、読みやすいレイアウトは、こんな感じになります。

 <title>タイトル</title>

 <H3>サブタイトル1</H3>

  ・説明の文章

  結論(箇条書き)

  <H4>サブタイトルA</H4>

   ・説明の文章

   <H5>サブタイトルa</H5>

    ・説明の文章

   <H5>サブタイトルb</H5>

    ・説明の文章

 <H3>サブタイトルB</H3>

  ・説明の文章

 <H3>サブタイトル2</H3>

  ・説明の文章

 <H3>サブタイトル3</H3>

  ・説明の文章

実は、Google上位表示される記事(コンテンツ)は、ほとんどこの構成になっています。なのでこのレイアウトは、上位表示されるためのレイアウトと言って良いと思います。このレイアウトを意識して記事(コンテンツ)を書いてみてください。




まとめ

いかがでしたか!?今回は、ブログの書き方に焦点を当てて解説させて頂きました。これはGoogleで上位表示されているブログ(サイト)をひたすら研究した結果です。見やすいなぁと思う記事はこんなレイアウトで書かれている場合が多いです。是非そんな目で、上位表示されているブログ(サイト)を見る様にしてください。新たな発見があるかもしれません。是非、本記事でご紹介の書き方を実践し、Google上位を狙ってみてください。


関連記事

ブログを書いてお金を稼ごう!『アクセスアップ』『WordPress』これだけ見れば何とかなります! ブログを書いてお金を稼ごう!『アクセスアップ』『WordPress』これだけ見れば何とかなります!


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ