ブルートゥース(Bluetooth)ヘッドホンの魅力、時代はワイヤレス!おすすめ(ランキング)のヘッドホンは!?

ブルートゥース ヘッドフォン

昔はブルートゥース(Bluetooth)ヘッドホンというと効果で音質が悪いというイメージでした。しかし近年では、音質も改善し、安価(安い)な商品が発売されるようになりました。そこで今回はこのブルートゥース(Bluetooth)ヘッドホンの魅力、おすすめ(ランキング)の商品等をご紹介させて頂きます。



スポンサードリンク




アメリカでブルートゥース(Bluetooth)ヘッドホンの売上が有線を上まわる!

ブルートゥース(Bluetooth)ヘッドフォンは、コードレスですっきり。使ってみるとそのストレスフリーがやみつきになります。昔のブルートゥース(Bluetooth)ヘッドホンは、質が悪く、接続切れも起り、高価という印象でした。しかし登場から10年、アメリカでは遂にブルートゥース(Bluetooth)ヘッドホンが、有線のヘッドホンを売上で上回ったとのことです。いよいよ、ヘッドホンもワイヤレスが当たり前の時代に入るのかも知れません。

調査会社のNPDによると、2016年上半期におけるBluetoothヘッドホンの売上は、全体の54%を占めました。ブランドとしては、Apple傘下のBeatsと、韓国メーカーのLGが全体の65%を占め、Bose、Jaybird、Skullcandyがその後に続くとのこと。NPDは今回の要因として、Bluetoothヘッドホンの価格下落などを挙げています。

9月に予約開始かといわれるiPhone 7で、噂通りヘッドホンジャックがなくなり、伝送距離2倍、通信速度4倍に向上するといわれるBluetooth 5が予定通り今年後半か来年前半に稼働すれば、この流れはさらに加速することが予想されます。

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/11842417/




ブルートゥース(Bluetooth)ヘッドホンの魅力


  • コード付きヘッドホンの煩わしさをBluetooth®(無線)で解決することで、自由に動きまわる事が可能。
  • 内蔵マイク搭載の機種では、ハンズフリー通話に出るときは、デバイスに触らなくても、オンイヤーのコントローラーで音を調節可能。
  • 電車に乗っていても、リビングで踊っていても、デスクに座っていても、コードが絡まる心配はない。

ブルートゥース(Bluetooth)ヘッドホンを使用した人の声

何より、コードがないというのが、こんなに快適だとは。一度、これを味わってしまうと、そうそうワイヤードには戻れないような気がします。

iPhoneやケータイで音楽を楽しみたいという人には、「ハンズフリー通話ができる」というのが大きなメリット

首及び体勢が自由になる&移動が自由になる。これは、実際に使ってみてかなり大きいなと感じました。

ヘッドホンしたままトイレに行けるってとても快適です




購入前に知っておきたいブルートゥース(Bluetooth)ヘッドホンの予備知識

Bluetooth

ブルートゥース(Bluetooth)とは!?
「Bluetooth」とは、デジタル機器用近距離無線通信の規格のひとつです。 パソコンや携帯電話、周辺機器などをケーブルを使わずに、ワイヤレスで接続し、機器間で音声やデータをやりとりすることができます。

引用元:enjoy.sso.biglobe.ne.jp/archives/bluetooth/

ブルートゥース(Bluetooth)は、ほとんどのスマートホンやタブレット、あるいはパソコンに内蔵されています。一言で言えば「様々な機器同士を接続する近距離無線通信方式」とも言える画期的な仕組みです。

NFC対応機種同士ならサッとかざすだけで接続完了。 プッシュもタップも不要だからさらにカンタンで、手軽にブルートゥース(Bluetooth)を始められます。

バージョンは2.1以上あれば安心です。現在のバージョンはVer.4.0までありますが、音楽を聴くならVer.2.1以降に対応していれば安心です。


主なバージョンと特徴

Ver.2.1:以前のバージョンよりもペアリングが簡略化された。
Ver.3.0:以前のバージョンよりも最大で約8倍の高速通信が可能になった。
Ver.4.0:小型電池で長時間使用が可能に。主にデータ通信向けの仕様。



音にこだわるならaptXコーデック対応機種を!


aptX

aptXコーデックとは!?
オーディオ再生の音質を高めるために、圧縮効率の優れたコーデックを採用して音質を高めようというのが「aptX」だ。

Bluetoothで音質にこだわるなら「コーデック」に注目したい。CSR社が提供しているコーデック。圧縮比率は通常のSBCと比べて格段に少ないため、消える音域が少ない。apt-Xは、SBCの4倍のデータ量を持てる(音質が良くなる)ので、これが搭載されていることは、音質にこだわるのであれば「aptX」搭載機がおすすめです。


ブルートゥース(Bluetooth)ヘッドホンのデメリット

ブルートゥース(Bluetooth)ヘッドホンにはいくつかのデメリットもあります。


  • ブルートゥース(Bluetooth)ヘッドホンは、他の電波の影響を受ける。
  • 普通のイヤホンよりワンランク音質が劣化する。音質がある程度高い BTイヤホンだと価格が高くなる。
  • バッテリーが必要なため充電の手間がある。
  • バッテリーが切れると使用できなくなる。




おすすめ(ランキング)のブルートゥース(Bluetooth)ヘッドホンは!?



スポンサードリンク




関連記事

ワイヤレス(Bluetooth)【イヤホン・ヘッドホン】の全て!魅力、選び方、おすすめなど、これだけ見れば全てが分かります! ワイヤレス(Bluetooth)【イヤホン・ヘッドホン】の全て!魅力、選び方、おすすめなど、これだけ見れば全てが分かります!


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ