【秋(9月・10月・11月)のヒラメ(平目)】ルアー、釣り方、人気おすすめ【ランキング】

秋(9月・10月・11月)にヒラメ(平目)をどのように釣れば良いか知りたいと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか!?そこで今回は、秋(9月・10月・11月)のヒラメ(平目)を釣る方法、ポイント(場所)、おすすめのルアー等についてご紹介させていただきます。


秋のヒラメ(平目)

秋はヒラメ(平目)が釣りやすい季節です。夏場は水温の上昇でに深場にいたヒラメ(平目)も水温の低下と共に浅場へと接岸してきます。この時期のヒラメ(平目)は冬に備え、餌(ベイト)をよく補食します。

地域差はあるものの9月頃からヒラメ(平目)が釣れだし、10月にもなればほとんどの地域でヒラメを狙うことが可能になります。

但し、秋は台風シーズンでもあり台風の影響で海は荒れやすく濁りも出やすい状況です。
これにより水温も変化するため活性が低下する場合もあります。

タイミングさえ良ければ、1日に複数のヒラメ(平目)を釣ることができる時期でもあります。この時期のヒラメ(平目)は、脂ものりとても美味しいのも特徴です。


秋のベイト

この時期はベイトのサイズも大きくなり、ヒラメ(平目)も多様なベイト(餌)を捕食します。


  • イワシ
  • シロギス
  • サヨリ
  • キビナゴ
  • イナッコ


イワシ

ヒラメ(平目)だけでなくマゴチやシーバスなどフィッシュイーターがメインに捕食する魚の代表とも言えるベイト(餌)です。この時期は、岸に近いエリアを回遊する場合もあります。イワシの群れがサーフに接岸している時はルアーを早巻きで巻くのが有効です。


シロギス

シロギスはボトムに張り付くように生息している魚です。シロキスも秋になると岸際に接岸してきます。サーフ等では、投げ釣りの釣果を見ていればシロキスが居るか確認できます。時折、シロキス釣りで釣れたシロキスにヒラメが掛かる場合があります。


サヨリ

サヨリは最大で30cm以上になる魚です。秋はその年に生まれたばかりの小型のサヨリが多くなります。サヨリは群で行動する場合が多く、サヨリの群れにはヒラメ(平目)をはじめとしたフィッシュイーターが付いている場合があります。


キビナゴ

比較的温かい海水を好むキビナゴは関東では秋がメインだが、九州方面では一年中サーフで見られる魚です。小型であるゆえ遊泳力が低いため、ヒラメはもちろんマゴチなども捕食されやすいベイトです。


イナッコ

ボラの幼魚であるイナッコは、ヒラメ(平目)のベイト(餌)になります。秋は、その年の春に生まれ10cm前後に成長したものが潮の満ち引きに合わせて河口付近を回遊しています。



スポンサードリンク


場所・ポイント


  • サーフ
  • 河口


サーフ

イワシ、サヨリ、シロギスを捕食するためサーフには多くのヒラメ(平目)が接岸します。


河口

キビナゴ、イナッコを捕食するため河口付近もヒラメ(平目)の有望ポイントです。



スポンサードリンク


おすすめの【ルアー】

サーフでは、イワシ、サヨリをイメージしたミノー、シロギスをイメージしたワーム等が有効です。イワシ、サヨリのような回遊性で動きの速いベイトの場合はメタルジグの早巻きも有効です。昼間はアピール力が強いバイブレーションも有効です。河口でも同様で、キビナゴ、イナッコをイメージしたミノーが有効です。ルアーサイズは回遊しているベイト(餌)のサイズを参考に選ぶのがおすすめです。

最強(人気・おすすめ)【サーフで釣れるヒラメ(平目)ルアー】これだ持ってれば必ず釣れます! 最強(人気・おすすめ)【サーフで釣れるヒラメ(平目)ルアー】これだ持ってれば必ず釣れます!



スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか!?この時期のヒラメ(平目)は、タイミングさえあれば、比較的釣りやすく、また食べても脂がのって大変美味しい時期です。是非、釣行してヒラメ(平目)を釣りあげてみてください。

 

関連記事

【これを見ればヒラメ(平目)は釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ヒラメ(平目)フィッシングの全て】 【これを見ればヒラメ(平目)は釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ヒラメ(平目)フィッシングの全て】


ヒラメ釣り ブログランキングへ
 



スポンサードリンク


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ