【デカバス(ランカー)】を釣る方法・釣り方(アクション)・時期(季節)・おすすめのルアーは!?

バス釣りが好きな人なら、一度は釣ってみたい50cm以上のデカバス(ランカー)、こデカバス(ランカー)はどのようにすれば釣れるのか、今回は、そのデカバス(ランカー)を釣る方法について、釣り方(アクション)・おすすめのルアー等についてご紹介させていただきます。



スポンサードリンク


デカバス(ランカー)について

デカバス(ランカー)は、そのサイズゆえに、個体数も圧倒的に少ないのが特徴です。


デカバス(ランカー)は警戒心が強い

デカバス(ランカー)は、当然のごとく、一般的なサイズのバスより警戒心が強いです。警戒心が強くなければ、長く生きられません。従って、一般的なサイズのバスに比べ、頭も良く、釣り難いと言えます。


デカバスの釣り方

以下に、デカバスを釣る具体的な方法について解説させて頂きます。


  • 季節(時期)毎のバスの動きを把握する
  • 大きいルアーを使う
  • 粘る
  • 釣った時の事を考える
  • 釣行回数を増やす
  • キャスティング精度を上げる


季節(時期)毎のバスの動きを把握する

デカバス(ランカー)は、一般的なサイズのバスに比較して、季節(時期)を先行した行動をすると言われています。例えば、春であれば、バスはスポーニング(産卵)に入ります。このスポーニング(産卵)も、デカバス(ランカー)から先行すると言われています。

従って、バスが季節(時期)毎にその様な行動をしているか把握しておく必要があります。このデカバス(ランカー)の行動パターンに合わせて、釣り方やルアーを選ぶ様にします。


時期(季節)毎のバスの行動


大きいルアーを使う

デカバス(ランカー)は、比較的大きなベイトを捕食します。これは、効率良く捕食活動を行うためです。デカバス(ランカー)は、一回の捕食で自分が生きるために必要なエネルギーを出来るだけ効率良く摂取したいと考えています。

一度の狩りで同じ労力を使うと仮定したら、大きいデカバス(ランカー)は、必然的に、大きな餌(ベイト)を捕食しなければ効率が悪くなるからです。

従って、デカバス(ランカー)を釣るためには、大きなルアーを使う必要があります。


デカバス(ランカー)をビックベイトで釣ろう

ビックベイトを使用するとデカバス(ランカー)を釣る確率が上昇します。小さいルアーを使うと、デカバス(ランカー)がルアーを食う前に、小バスが釣れてしまい、そのポイントを荒してしまい、デカバス(ランカー)の警戒心を強める結果になる場合があります。デカバス(ランカー)を釣りたい場合は、大きいルアーから使う様にしましょう。

【名作】ジョイクロ おすすめ


粘る

デカバス(ランカー)を釣るためには粘りが必要です。デカバス(ランカー)が居ると分かっているポイントでは、出来るだけ粘る様にしてください。


釣った時の事を考える

デカバス(ランカー)を釣るためには、デカバス(ランカー)を釣った時の事を考えて、ランディング方法を考えておく必要があります。

実際に、デカバス(ランカー)を釣っても、ランディングをミスして釣れなかったという経験をしている人も多いのではないでしょうか。

特にタイトなポイント等では、ラインがストラクチャー等に巻かれてラインブレイクしたりするケースもあると思います。

従って、もしデカバス(ランカー)を釣ったら、どのようにランディングをするか、また、ラインの強度は大丈夫か、どの程度、強引にランディング出来るかなどを、頭の中でシミュレーションする必要があります。

また、ラインに傷等が無いかも合わせてチェックするようにしてください。


釣行回数を増やす

釣行回数は、釣果に比例します。出来るだけデカバス(ランカー)が居るポイント(場所)に足を運んで釣りをしてください。


キャスティング精度を上げる

魚がいるところにキャストできるかできないかで釣果は大きく変わります。ラージマウスバスはカバーの周りにいることも多いですが、 濁りが激しいときなどはいつもよりカバーの奥にいたり、 ストラクチャーにかなりタイトに付いたりしています。

意外とこのようなバスは、警戒心が薄くて口う場合があります。このようなバスを釣るためには、カバーの奥にキャストできる技術が必要です。キャスティングは出来るだけ精度良く出来るようにしておきましょう。


まとめ

いかがでしたか!?今回は、デカバス(ランカー)の釣り方のポイントについてご紹介させて頂きました。是非、参考にしてみてください。

【釣れる】ルアーだけ集めてみました!【名作・定番・最強】はどれ!?バス・シーバス・ヒラメ・マゴチ・青物【まとめ】 【釣れる】ルアーだけ集めてみました!【名作・定番・最強】はどれ!?バス・シーバス・ヒラメ・マゴチ・青物【まとめ】



スポンサードリンク


関連記事

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】


バス釣り ブログランキングへ
 


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ