サーフや堤防でラン&ガンしながら釣れた魚(ヒマメ、マゴチ、シーバス、青物等)の持ち運びってどおすればいいの!?クーラー持ってくのも面倒だし…

マゴチ

サーフや堤防でラン&ガンしながら釣れた魚(ヒマメ、マゴチ、青物等)の持ち運びってどおすればいいか迷っている人も多いのではないでしょうか!?

釣りでは機動性を生かしたいから、荷物は少なくしたいし…毎回釣れるわけじゃないからクーラーを都度持っていくのも面倒だし…かといって、釣れた場合は鮮度を落とさないで持って帰りたい…そこで今回は、ネットで調べた良さそうな法歩についてまとめてみました。



スポンサードリンク



ビニール袋に入れて持ち運ぶ

ビニール

この方法は多くの方がやっている方法ではないでしょうか。


メリット


  • すぐに釣りが再開できる

すぐに釣りが再開できる。朝マズ目や夕マズ目は、昼間の時間に比べて、1投の価値が高くなります。この方法だといち早く釣りを再開できるので2匹目、3匹目を狙うことが可能です。


デメリット


  • 熱い時期の鮮度が落ちる



砂に埋める

埋める

魚が釣れたら砂に埋めます。帰る時に砂から取出し持ち帰ります。これは、砂浜に放置して鳥などに狙われないのが目的です。以前、釣った後にとの位の時間で鳥に見つかるか10分程度で魚を発見されました。埋めてある場所の目印にフィッシュクリップや棒などで埋めた場所が分かるようにしておきましょう。ごみ袋等があれば、その袋に入れてから埋めるのが良いでしょう。


メリット


  • すぐに釣りが再開できる

すぐに釣りが再開できる。朝マズ目や夕マズ目は、昼間の時間に比べて、1投の価値が高くなります。この方法だといち早く釣りを再開できるので2匹目、3匹目を狙うことが可能です。


デメリット


  • 熱い時期の鮮度が落ちる

冬などは、砂の温度も低いため魚の鮮度が落ちにくいのでいい方法ですが、夏は、砂の温度も高いため、温度の影響のない深さまで穴を掘ると結構大変です。水温が25度以上だったら、砂の温度はそれ以上になります。実際に出来るのは冬の場合だと考えるのが良いでしょう。


注意点

砂に埋める前に〆ましょう。ヒラメ(平目)を砂に埋めても数時間生きている場合もある様ですが、弱ったヒラメを〆も身が白く濁って味が落ちます。埋めるにしても〆てからにしましょう。

ちなみに、夏の時期のヒラメはあまり美味しくありません。この時期のヒラメ(平目)は釣ってすぐ〆めてもあまり美味しくありません。夏のスズキについては、50cmぐらいになると、脂が乗って美味しいので持って帰って食べる価値はあるかもしれません。

夏の時期のヒラメ(平目)はリリースするというのも1つの選択肢と考えるのがいいのではないでしょうか。



ストリンガーを使う

ストリンガー

釣れたら、腰あたりにストリンガーでぶらさげて放し飼いにしています。ヒラメ・マゴチ狙いなら釣行も凪の日が多いので、波打ち際で放し飼いにしていてもそんなに気になりません(ウェーダーとゲームベストは必須です)


メリット


  • 魚の鮮度が落ちない


デメリット


  • 魚が泳いでロープが足に絡まったり、魚が足に当たったりして釣りに集中できない
  • 海が荒れている時(波1.5~2m以上)厳しい
  • 場合によっては魚が弱り鮮度低下



クーラーを持っていく

クーラー


メリット


  • 魚の鮮度が落ちない


デメリット


  • 機動性が悪くなり効率が悪い

サーフのヒラメ(平目)、マゴチ等は毎回毎回釣れる訳ではないので、クーラーを持っていくのは機動性が落ち、明らかに釣りの効率が落ちます。



車までダッシュ

ダッシュ

釣れたら車に戻ることを前提にした釣りです。


メリット


  • 魚の鮮度が落ちない


デメリット


  • 地合いを逃す、疲れる



スポンサードリンク



フィッシュキャリーバックを使う

フィッシュキャリーバッグ

クーラーボックスの持参が困難な地磯釣行。ポイントへのアクセスは険しいし、荷物は少しでも減らしたい。でも釣った魚は持ち帰りたい。そんな時に大活躍します。コンパクトにたためるし、ロッドにベルトで巻きとめて持ち運びも可能。内側はアルミシート張りの断熱仕様なので、簡易クーラーとしても使用できます。魚の太さにもよりますが5kgクラスの青物を3本以上収納可能です。「大物用」なら7kgクラスの青物を3本以上収納できます。

・アマゾン
・楽天

●製品ラインナップ
リュックタイプ
サイズ:400×700×80mm
カラー:ブルー、オレンジ
本体価格:¥3.980
トートバッグタイプ
サイズ:700×400×100mm
カラー:ブルー
本体価格:¥3.580
リュックタイプ 大物用
サイズ:400X900X80mm
カラー:ブルー
本体価格:¥4.980
トートバッグタイプ 大物用
サイズ:900×400×100mm
カラー:ブルー、オレンジ
本体価格:¥4.580


メリット


  • 魚の鮮度が落ちない


デメリット


  • 若干荷物になる

クーラーほど荷物にならないので、『魚の鮮度が落ちない』という目的であれば、最もいい方法かもしれません。



まとめ

どの方法も、メリット・デメリットがあり、一長一短です。魚の鮮度を保つためには、釣ってすぐに〆ることが一番重要です。また、できる限り大きなクーラーに氷をたくさん入れるのが鮮度低下防止には理想的です。

荷物になったり、面倒であれば、魚は買うものと割り切るのも1つの選択しです。いい加減な方法で持ち帰った魚は、スーパーの鮮魚コーナーの魚より落ちます。特にヒラメ(平目)は、釣ってすぐに〆ないとあまりおいしくありません。

メリット・デメリットを理解して自分にあった方法を選択するのがいいのではないでしょうか。


関連記事

【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】 【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】


シーバス ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ