『オンライン英会話』サービス比較『費用(価格)、レッスン(授業)、教材、講師』コスパが良いのはどこ!?おすすめは【ランキング】!?

最近、低価格で便利な『オンライン英会話』サービス。どれを選んだらいいか分からないくらい会社もあり、正直どれを選んだらいいか分からない!?という人も多いのではないだろうか!?

そこで今回は、その『オンライン英会話』について、幾つかの判断基準を基に、ランキングを作成してみました。今回ご紹介のランキング以外のサービスでも、当サイトでまとめた判断基準を基に選んで頂ければと思います。



スポンサードリンク




英語を学ぶ目的を決めよう!

『オンライン英際』サービス選定の前に、先ずは英会話そ学ぶ目的を考えてください。何をするにも目的は重要です。その目的に合わせて、『オンライン英会話』を選ぶのが良いでしょう。幾つか『英会話』を学ぶ目的を挙げてみました。


  • ビジネス英会話を学びたい
  • 日常会話をしたい、誰でもいいから英語を話したい
  • ネイティブ講師と話したい
  • 費用(コスト)が安いサービスがいい
  • レッスン(授業)内容を優先したい
  • TOEICの点数を上げたい




『オンライン英会話』サービスのサービス内容の確認

目的が明確になったところで、以下の項目をあらためて確認してください。


  • 費用(コスト)
  • レッスン(授業)教材の内容
  • 講師
  • 実績
  • 無料キャンペーン


費用(コスト)

『オンライン英会話』は、町の英会話学校と違い、『入学金』『教材費』は無料の場合が多いので、基本的には、レッスン一回当たりの費用(コスト)を比較しましょう。


レッスン(授業)教材の内容

目的がビジネスであったりTOEICであったり、それらのレッスン(授業)教材を提供しているか確認してください。

『オンライン英会話』には多くのフィリピン人講師が採用されています。フィリピン人講師は大丈夫!?と不安な方も多いのではないでしょうか!?実際には全然問題ありません。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
・『オンライン英会話』のフィリピン人講師の英語は大丈夫!?なぜフィリピン人は英語が話せるの!?【メリット・デメリット】


講師

『オンライン英会話』では、ネイティブやフィリピン人の講師のサービスがあります。講師の国籍等について確認してください。ネイティブ希望であれば、ネイティブが在籍しているかを確認してください。

また、人に英語を教えるための資格を持っている講師が在籍しているサービスもあります。合わせて確認してください。

『オンライン英会話』では、多くのフィリピン人講師が採用されています。フィリピン人講師は大丈夫!?と思った人も多いのではないでしょうか!?結論は、問題ありません。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
・『オンライン英会話』のフィリピン人講師の英語は大丈夫!?なぜフィリピン人は英語が話せるの!?【メリット・デメリット】


実績

企業への教育実績等、多くの実績があれば安心したサービスを提供している可能性が高くなります。企業へのサービス提供の有無を確認してください。


無料キャンペーン

『オンライン英会話』サービスは、通常、初めの数回は無料だったりと、ほぼ、どこのサービスも無料体験コースを設置しています。そのキャンペーンの期間等を確認してください。無料期間が長ければ、自分に合わないと思った時の変更も容易です。



スポンサードリンク




『オンライン英会話』のサービス比較

実際に、幾つかのオンライン英会話のサービスを比較しました。比較した『オンライン英会話』のサービスは、一般的に有名な5社の比較を行いました。

項目
ネイティブキャンプ
(NativeCamp)
DMM英会話
レアジョブ
イングリッシュライブ
ラングリッチ
レッスン料
月額4,950円(税込)
■スタンダード
月額4,950円(税込)
■ネイティブ
月額15,800円(税込)
6,780円
(日常会話)
10,780円
(ビジネス)
月額7,452円(税込)
月額6,000円
レッスン
単価
無制限
25分/日
1日1回
25分/日
1日1回
■マンツーマン
40分×4回/月
■グループ
45分20回/月
25分/日
1日1回
サービス
提供時間
24時間365日
24時間365日
朝6時
〜深夜1時
グループ
24時間
早朝5時
~深夜1時
教材費
一部有料
無料
無料
無料
無料
レッスン
教材
■日常会話
■カランメソッド
■ビジネス
■TOEIC
■発音
6,800以上
3,000以上
■日常会話
■ビジネス
■TOEIC等
■日常会話
■ビジネス
■TOEIC等
講師数
約400人
5,500人以上
4,000人から
不明
不明
講師国籍
フィリピン
世界60ヶ国
フィリピン
ネイティブ
フィリピン
講師資格
企業への
サービス
提供実績
1,000社以上
1,500社以上
多数
日本人
サポート
サービス
拠点
オフィス
オフィス
在宅
不明
オフィス
オフィス
無料
キャンペーン
7日間無料トライアル
25分×2回
カウンセリング
レッスン(50分)
各2回
1週間
無料レッスン
2回
通信形態
専用回線
スカイプ
スカイプ
専用回線
スカイプ

※1 レッスン時間が無制限であるため単価の計算不可。
※2 マンツーマンレッスンを月4回、グループレッスンを月20回ご利用いただいた場合の価格(税別)。
※3 1ヵ月30日として計算。
※4 情報は各オンライン英会話のWEBより抜粋。




目的別『オンライン英会話』のおすすめ【ランキング】

各項目で、それぞれ優位な順位に機械的に並べてみました。

項目
1位
2位
3位
コスパ
ネイティブキャンプ
(NativeCamp)
DMM英会話
ラングリッチ
サービス
提供時間帯
ネイティブキャンプ
(NativeCamp)

DMM英会話
イングリッシュライブ(※1)
ラングリッチ
ビジネス
(企業導入実績)
コスパ
ラングリッチ
レアジョブ
イングリッシュライブ
ネイティブ
コスパ
DMM英会話
イングリッシュライブ
講師資格
コスパ
レアジョブ
イングリッシュライブ
日本人サポート
コスパ
DMM英会話
レアジョブ
無料キャンペーン
ネイティブキャンプ
(NativeCamp)

イングリッシュライブ
DMM英会話
レアジョブ
ラングリッチ

※1 グループレッスンのみ。

実際にこの比較だけだと見えない部分もあると思いますが、独断と偏見で、項目を設けてランキングを作ってみました。


何しろコスパ優先!

安ければとりあえず良いと言う方は、ネイティブキャンプ(NativeCamp)おすすめします。


日常会話優先にしたい!

日常会話は、どの『オンライン英会話』でも良いのではないかと思います。但し、フィリピン人以外の英語を試してみたいと言う方は、世界60カ国の講師陣を取り揃えている、DMM英会話がおすすめです。

また、ネイティブと話したい場合は、DMM英会話のネイティブコースがおすすめです。


ビジネス英語を学びたい!

ビジネスの場合は、やはり企業へのサービス実績がある、レアジョブイングリッシュライブラングリッチがおすすめです。また、ネイティブと話したいと言う方は、イングリッシュライブを選びましょう。




まとめ

いかがでしたか!?『オンライン英会話』の選定は、『目的』を決めてから行ってください。ビジネス英会話を学びたいのに、日常会話重視の『オンライン英会話』を選んでしまうと、その目的は達成されません。

実際に、費用(コスト)が高いところは、それなりに講師の採用、教材等のお金を投資しているために、その事業量等が高くなる傾向があります。なので一概に費用(コスト)比較だけで選んでしまうのも危険な選択になります。

勿論、低価格でも、高品質のサービスも存在します。なので、自分は、何がやりたくて、何の目的で英会話をやりたいかを今一度、考え直し、その後、『オンライン英会話』を始める事をおすすめします。

『海外留学・教材・英会話学校・オンライン英会話』英語を効率的に学ぶ方法教えます!【英語学習のすすめ】 『海外留学・教材・英会話学校・オンライン英会話』英語を効率的に学ぶ方法教えます!【英語学習のすすめ】


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ