アマゾン(Amazon)輸出の優位性について考えてみました!

アマゾン輸出



スポンサードリンク



アマゾン(Amaozn)輸出とは!?

アマゾン(Amazon)輸出とは、海外のアマゾン(Amazon)、アメリカやイギリスなどのアマゾン(Amaozn)へ日本の商品を販売して利益を稼ぐビジネスです。



アマゾン(Amazon)輸出はなぜいいか!?

転売ビジネスには輸入や輸出、せどりなど色々あります。これらのビジネスに対してアマゾン(Amaozn)輸出ビジネスの優位性について考えてみました。


  • 市場が大きい
  • アマゾン(Amazon)は圧倒的な販売力
  • 商品登録作業が効率的
  • 無在庫販売なのでキャッシュフローが良い
  • 参入障壁が他の転売に比べて高いため競争相手が少ない
  • 日本製品の販売を行うため利益がでやすい
  • 円安ドル高


市場が大きい

輸出ビジネスの最も大きな優位性はこの市場の大きさだと考えます。輸入ビジネスではその販売市場は日本に限定されます。

一方、輸出ビジネスでは全世界のアマゾン(Amaozn)へ販売出来るため、その市場規模は輸入ビジネスに対して有利である事が分かります。

アメリカのアマゾン(Amaozn)だけでもその売上規模は、日本の約10倍程度あると言われています。


アマゾン(Amazon)は圧倒的な販売力

輸入転売やせどりなどでアマゾン(Amaozn)(国内)で販売経験がある人は分かると思いますが、アマゾン(Amazon)の販売力は驚異的です。人気商品でカート獲得できれば瞬間的に商品が売れていきます。アマゾン(Amaozn)(国内)でその状態です。

アメリカのアマゾン(Amazon)は、日本の市場規模の約10倍と言われています。おおよそ売れ易さが10倍ということが言えます。


商品登録作業が効率的

通常、輸入販売やせどりでヤフオクなどで販売する場合、商品ごとに出品ページを作成する必要があります。これはe-bayなどを使用して輸出販売する場合も同じで、結構な手間がかかる作業です。

一方、アマゾン(Amazon)で商品販売する場合は、相乗りと言って、既に商品登録されているところに出品(登録)するだけなので、商品出品の手間が驚く程少なくて済みます。これがアマゾン(Amaozn)で商品販売する大きなメリットです。


無在庫販売なのでキャッシュフローが良い

輸出でアマゾン(Amaozn)販売する場合、無在庫で商品販売を行う事が出来ます。商品出品だけしておいて、商品が売れたら発送します。アマゾン(Amazon)では実際に無在庫販売は禁止されていますが、多くの日本人がこの方法で利益を上げています。

アマゾン(Amaozn)は、商品が売れて、キャンセルしたセラーの評価を下げます。これはアマゾン(Amazon)が顧客第一主義であるため、その様なセラーを評価しません。最悪アカウント停止という事態になり、ビジネス自体が出来なくなってしまいます。

無在庫でやる場合は、常に日本国内などで商品調達が出来るかどおかの確認が必要です。多くのセラーはツール等を使用する事により日々その販売商品が調達可能かを監視しています。

一般的な、転売「ビジネスの流れは、『商品仕入れ』『商品販売』『顧客が商品を購入』『入金』です。この場合、商品が売れない場合などは、資金が回収できないため、次の商品仕入れが出来なくなり、最悪利益を出す事が出来なくなってしまいます。

一方、無在庫販売の流れは、『商品出品(販売)』『顧客が商品を購入』『入金』『商品仕入れ』『発送』となり、商品が売れてから商品仕入れを行います。従って最短でキャッシュを回す事が出来ます。商品仕入れ時には既に利益を確保できている状態です。

アマゾン(Amazon)輸出では『無在庫販売』ができるため、資金が少ない人でも簡単に利益を上げられるのです。


参入障壁が他の転売に比べて高いため競争相手が少ない

国内転売の『せどり』や『輸入販売』などは、販売先が国内市場ということもあり、割と誰でも参入しやすく競争が激しいのが現状です。

一方、『輸出販売』では、『英語』が大きな壁になります。転売ビジネスですらなかなか実践する人が少ないのに、輸出転売ともなると参入者が少なくなります。ビジネスは競争が激しくない市場では利益を上げやすい傾向があります。

輸出ビジネスは、転売ビジネスの中でも割と参入障壁が高いため、今でも利益を上げやすいビジネスと言えるのではないでしょうか。


日本製品の販売を行うため利益がでやすい

転売ビジネスでは、発送元の国に住んでいる人が最もメリットを出す事が可能です。過去にアメリカからの輸入ビジネスを行っていましたが、アメリカの商品を国内で販売する場合、アメリカの転送業者を使います。実際にに商品を入手する場合は、その転送業者には手数料を払い発送します。この手数料は利益を圧迫します。アメリカの商品を日本に販売する場合、アメリカから直送できれば利益を稼ぎやすくなります。

輸出ビジネスでは商品仕入れを日本で行えるため、商品仕入れにかかる費用を最小限に抑える事が可能になるため利益も出しやすくなります。


円安ドル高

現在は円安ドル高傾向にあります。私が輸入ビジネスで稼いでいたころは、1$=85円でした。輸入ビジネスではこの円高ドル安の恩恵を受ける事ができました。

現在では1$=111円で、円安ドル高傾向です。また、他の通貨に対しても円安傾向になっています。

現在は、輸出によるメリットを受けやすい環境であるという事が言えます。



スポンサードリンク



まとめ

アマゾン輸出のメリットについて考えてみました。現状デメリットについては思いつかないくらいメリットの多いビジネスであるという事は分かっていただけたのではないでしょうか。

今何かビジネスをはじめたいと考えている方は、是非このアマゾン(Amazon)の輸出ビジネスを考えてみてはいかがでしょうか。


誰でも簡単にアマゾン(Amazon)輸出をはじめる超効率的な方法! 誰でも簡単にアマゾン(Amazon)輸出をはじめる超効率的な方法!



輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ