【アジング】でアジを釣る場合、釣る場所(ポイント)は重要なファクターになります。同じ漁港でも、釣れやすい場所、釣れにくい場所が存在します。また、季節によってもアジが着いている場所が変わります。今回は、アジが釣れやすい場所についてご紹介させて頂きます。


【アジ】がつれやすい時期

春に外海で生まれた稚魚が湾内に入り、ある程度成長したら、再び外海へ出る習性があります。春になるとイワシ等同様に岸際に接岸していきます。岸際といってもサーフの砂浜のような場所ではなく、漁港等に集まります。その後、夏場は漁港内のプランクトンや、小型のベイトがいる場所で過ごし、秋になると再び外洋にではじめます。従って、【アジング】でアジを陸っぱりからやりたい場合は、春から秋がベストシーズンになります。エサが豊富な湾内は、一部のアジは外海へ出ずに冬季に入ってもそのまま湾内の深場に居着場合があります。

堤防釣りの場合6月~12月頃まで釣れます。数釣りができるようになるのが7月~10月頃です。この時期は10cm未満の幼魚が釣果の中心となります。トです。水温が低下してくる秋以降は昼までの釣れるようになります。冬になるとアジは徐々に深場に移動します。但し、一部のアジは餌が豊富な港内に残ります。これらのアジを釣ることはできますが、数は期待できなくなります。


時間

夜釣りでは群れを釣るというより比較的大きいサイズを狙う場合がほとんどです。アジは夜行性ではありませんが大物を狙う【アジング】の場合夜の方が良く釣れます。



潮回り

アジングの釣果は潮周りに大きく影響されます。アジングでは大潮と中潮がおすすめです。理由は、潮の動きが激しく海の中のプランクトンが掻き混ぜられアジの活性が上がるためです。但し、これは場所によります。例えば、海峡や岬など普段から潮の流れの早い場所では、大潮の時は潮が流れすぎて川のようになってしまい、ジグ単でアジを狙うのが難しくなります。その場合は、小潮・長潮・若潮等がおすすめです。


上げ・下げ

上げ潮・下げ潮の良し悪しは場所(ポイント)により異なります。漁港内のような流れが少ない場所では上げ潮の時にプランクトン類が入ってくるためおすすめです。一方、沖向きの堤防などでは下げ潮でも関係なく釣れる場合が多くなります。


漁港のポイント

【アジング】はアジが釣れやすい夜がおすすめです。昼間はアジがディープ(底)に移動しほとんど釣れなくなります。以下に記載したポイントは比較的アジが着きやすい場所です。これらの特徴が複合的にある場所、例えば、ミオ筋近くにある常夜灯等はおすすめになります。釣りをはじめる前に、ポイントの特徴を掴むようにしてください。


  • 常夜灯周り
  • スロープ
  • 堤防の先端
  • ミオ筋
  • 潮が当たる場所


常夜灯周り

常夜灯周りはアジ釣りの一級ポイントです。アジは明暗の境目の暗い側でベイトを待ち受け捕食します。光の範囲を確認しできるだけ境目にルアーを投げるようにしましょう。


スロープ

夜になると浅場に現れるベイトを追いスロープ周辺に近付いてきます。


堤防の先端

堤防の先端は、堤防に潮があたるため複雑な流れを作ります。このためベイトも多くアジも周辺に集まります。


ミオ筋

ミオ筋は船が通る道です。ミオ筋は外洋と港を繋ぐ水深のある魚道になるため、ベイトもアジも集まります。


潮が当たる場所

潮の満ち引きにより潮が当たる場所が変わります。潮が当たる場所は潮目と呼ばれ、ベイトやアジが多く集まります。日が出ているうちに確認しておくと夜釣りの際に約に立ちます。


昼間のうちに確認

【アジング】は、夜釣りがメインになります。一方で、視覚的な情報を得るのは昼間がおすすめです。ベイトの回遊ルート、駆け上がりの位置、ストラクチャー、潮目の位置等、様々な情報を得て置くことで夜間の釣果を伸ばすことができます。偏光サングラスを使うと、的確に情報を得ることができます。


【全国(都道府県別)】アジが【ルアー】で釣れる場所【アジングマップ】

北海道 [ 道北 | 道東 | 道央 | 道南 ]
東北 [ 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
関東 [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]
信越 [ 新潟 | 長野 ]
北陸 [ 富山 | 石川 | 福井 ]
東海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]
近畿 [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
中国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]
四国 [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
九州 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]
沖縄 [ 沖縄 ]


まとめ

今回は、【アジング】でアジが釣れやすい場所、季節、時間、潮回り等についてご紹介させて頂きました。是非、参考にして頂ければと思います。



スポンサードリンク


【自由な時間とお金を手に入れよう】

もしお金と自由な時間が手に入ったらどおしますか。好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!



スポンサードリンク