『ブログ アクセスアップ』のために絶対に知っておく必要がある『Googleが考える良質なコンテンツ』とは!?

アクセスアップのためには絶対に知っておく必要がある『Googleが考える良質なコンテンツ』について、実際にGoogleが発表している内容をもとに解説させて頂きます。



スポンサードリンク




Googleが良質と考えているコンテンツとは!?-【概要】

GoogleのWEBマスター向けブログで『良質なサイトを作るためのアドバイス』が掲載されていましたので、ご紹介させて頂きます。

良質なサイトとは?
サイトに対する Google の品質評価アルゴリズムは、低品質なコンテンツのランキングを下げることによって、良質なサイトをユーザーが見つけやすくします。今回の Panda アップデートは、サイトの品質評価をアルゴリズムで行うというこの難題に挑戦しました。ここでは、そのアルゴリズム自体からはいったん離れて、そのアルゴリズム開発の背後にある考え方についてご説明しましょう。
以下に示す問いかけは、ページまたは記事の「品質」を評価する際に参考となる項目群です。Google ではサイトの品質を評価するアルゴリズムを書くときに、このようなことを自問しています。これらの項目は、検索ユーザーが何を求めているかについての、Google なりの考えです。
もちろん、Google が実際にアルゴリズムで使用しているランキング シグナルは公開できません。検索結果が操作されるような事態を防ぐためです。代わりに以下の項目をご覧頂くことで、Google がこの件をどうとらえているのか、ご理解頂けるのではないかと思います。

引用元:https://webmaster-ja.googleblog.com/2012/09/more-guidance-on-building-high-quality.html




Googleが考える良質コンテンツとは!?-【個別項目】

Googleがアドバイスしている【個別項目】について、解説とその対応について解説させて頂きます。



あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?

信頼ある情報を伝えているか、Google側で判断している様です。方法は、分かりませんが、真実のみをブログに掲載しましょう。



この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?

専門家または、熟知しているかどうかの判断を行っている様です。恐らくこれは、膨大なデータベースから、キーワード関連性等を見て、専門家、または熟知している人と素人の判断をしているのでしょう。

現状、上位表示されているサイトは、Googleが専門家、または熟知していると判断している記事(コンテンツ)です。作成する場合は、Googleの上位表示サイトの分析を行い、上位表示サイトに近い質の記事(コンテンツ)近を作成するように心がけましょう。


内部リンクが多いブログは専門性が高い

専門性(同一テーマ)の高いサイトは、自然に内部リンクが増えます。内部リンク等の被リンクは、gooleも高く評価します。逆に、内部リンクが増やせるように、サイト設計を心掛けるのが良いでしょう。



サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?

これは、コピーコンテンツの判定でしょう。重複する記事(コンテンツ)の作成は止めましょう。



あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?

クレジットカードで決済した場合に、不具合が起きる様なサイトはだめと言う事でしょうか。一般的には、そんなサイトは作る人は居ないと思いますので問題ないでしょう。



この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?

誤字脱字がを判定出来るのでしょう。誤字脱字になっていないか、作成した記事(コンテンツ)を必ず、見直してください。



このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?

Google上位表示目的で作成したコンテンツ化を見破るアルゴリズムとなっている様です。ユーザーのニーズと、上位表示される仕組みが異なっていると言う事でしょうか。市場ニーズ(ユーザーニーズ)が高いキーワード等で記事(コンテンツ)を書けば問題ないと思います。



この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?

Googleは、これら『独自コンテンツ』、『レポート』、『研究』、『分析』等は、非常に評価します。記事(コンテンツ)にもよりますが、これらの内容を記事に入れる様に心がけてください。同一テーマで書かれている、上位表示サイト等が、これらの情報を扱ってい無い場合等は、『勝てる』可能性があります。



同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?

記事(コンテンツ)内容を判定しているため、プラスαの情報を掲載することで、『勝てる』可能性があります。例えばこんな話だと思います。

Google検索1位のサイトのコンテンツ
A
B
C
D
Google検索2位のサイト
B
C
D
E
Gogle検索3位のサイト
A
C
E
自分で作成する記事(コンテンツ)
A
B
C
D
E
F(他のサイトに内情報)
G(他のサイトに内情報)

と言う風に記事(コンテンツを)書けば、Google検索結果で『勝てる』可能性があります。出来るだけ、記事(コンテンツ)では、多くの情報を掲載しましょう。上位表示されているサイトに漏れた情報があった時は、上位表示されるチャンスです。

実際に、私もこの作戦で、幾つかの上位表示を達成した事があります。是非実践してみてください。


コンテンツの作成方法

市場調査(競合サイト、キーワード分析等)を行いSEO的にも最適化した、コンテンツの作成方法を【まとめ】ています。是非、参考にしてみてください。



コンテンツはきちんと品質管理されているか?

品質と言っても、何についてか不明なので、明確には言えませんが、記事(コンテンツ)としては、画像、文章とその内容しかないので、それらの品質が高ければ、良いコンテンツとなるのではないでしょうか。

画像:オリジナル画像・写りが明確
文章:誤字脱字・文法が正確・ストーリー性がある(起承転結)の構成になっている



この記事は物事の両面をとらえているか?

昔から、Googleは、肯定的な意見と、否定的な意見の両方を重視しています。例えば、検索結果1位では、肯定的な意見のブログ(サイト)が表示され、2位には、否定的な意見のサイトが表示されている事があります。つまりGoogleとして検索結果として、情報の公平性を保ちたいという意思なのでしょう。

記事(コンテンツ)として、多角的に書かれている文章は、評価されると言う事です。従って、単一の記事として肯定的・否定的な情報を記載することで、検結果の上位を狙う事が可能です。



このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?

第一人者じゃなくても、第一人者並みの情報を提供出来れば、評価が上がると言う事です。作成する記事(コンテンツ)については、出来るだけ多くの情報を集め記事(コンテンツ)そ作成しましょう。実際には、その知識を持った時点で、第一人者(オーソリティ)となっている可能性もあるので、Googleで評価される事は、理にかなっている気がします。



次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?



コンテンツが外注などにより量産されている

量産されるとなぜだめなのかは分かりませんが、コピーコンテンツの作成は止めましょう。



多くのサイトにコンテンツが分散されている

同様のコンテンツを他サイトに分散(コピー)するのは止めましょう。



記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?

先ほどの品質が管理されているかと同様だと思います。誤字脱字が無く、理路整然と書かれた記事(コンテンツ)を書きましょう。



健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?

検索ワードに対する答えとして記事(コンテンツ)が作成されているかと言う意味でしょうか。

これは記事(コンテンツ)作成とGoogleの評価には大変重要な内容です。『タヌキ』と検索して『キツネ』の事について書かれた記事(コンテンツ)は、サイトかい離率の上昇等にも繋がり評価がさがります。タイトルと記事(コンテンツ)の内容が一致した記事(コンテンツ)になる様に作成してください。



サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?

Yahoo等なら分かりますが。これはあまり気にする必要は、無いのではないでしょうか。



記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?

Googleの上位表示サイトは、この全体像が分かるコンテンツが非常に多い気がします。上位表示サイトで全体像が分かりにくいキーワードを見つけたらチャンスです。『勝てる』可能性があります。

実際に、私のサイトでは、『ヒラメ(平目)をルアーで釣ろう!時期、時間、ポイント(場所)は!?ルアーはどんなのがおすすめ!?釣り方のポイント』がGoogle1位を獲得していますが、キーワードに対して、全体像が分かりやすい構造で書きました。

タイトル:ヒラメ(平目)をルアーで釣ろう!時期、時間、ポイント(場所)は!?ルアーはどんなのがおすすめ!?釣り方のポイント
ヒラメ(平目)はルアーで釣れるの!?
ヒラメ(平目)が釣れる時期はいつ!?
ヒラメ(平目)を食べるのはいつがいいの!?
ヒラメ(平目)はどんなポイント(場所)で釣れるの!?
ヒラメ(平目)はどんな時間に釣れるの!?
ヒラメ(平目)はどうやって釣れるの!?
ヒラメ(平目)釣りで必要な道具は!?
ヒラメ(平目)はどんなルアーがいいの!?
ヒラメ(平目)釣りでおすすめのルアーは!?
まとめ

ヒラメのルアーフィッシングを解説する記事ですが、ルアーについて全体像が分かる説明になっていると思います。Googleは、この様なコンテンツを好んで上位にする傾向があります。是非真似してみてください。



記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?

一般的な事項を漏らさずに書き、さらに、独自の分析、独自の情報を加えるのが良いでしょう。このどちらが無くてもダメです。

書くべきコンテンツ
当たりまえの事
独自の内容

と言う様な構成にすれば『勝てる』可能性があります。



ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?

役立つ情報を心がけて書きましょう。



記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?

過剰な広告表示は評価を下げます。Googleアドセンスの規約にある、1ページ3広告までを目安にしましょう。Googleアドセンスでない高校であっても、数としては、1ページ3広告以下とした方が良いでしょう。



記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?

記事が雑誌、百科事典、書籍のクオリティーであれば、評価が高くなると言う事ですね。Wikipedia等は良い例ではないでしょうか。出来るだけ品質が良く正しい情報が伝えられる様に、記事(コンテンツ)作成してください。



記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?

テーマをきちんと説明しようと思ったら、内容が薄くなる事は、基本的にはありません。なので選定したテーマに着いては、自分のサイトが最も情報量が多いブログになる様に心がけて作ってください。



ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?

これは先ほどの品質に繋がる話と同様の内容だと思います。誤字脱字、文法等、丁寧に見直してください。



このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

不満の原因は、知りたい情報が無い等、記事(コンテンツ)に問題がある場合が多いのではないでしょうか。ユーザーの知りたいことを的確に伝える記事(コンテンツ)にしてください。




まとめ

いかがでしたか!?Googleが考える良質について理解できたのではないでしょうか。解説は私なりの解釈も交じっていますが、概Googleが言いたい内容はこんなことだろうと言う感じで解釈させて頂きました。

実際には、当たり前の事が言われている様な気がしますが、過去には、ネットでは、良質ではないコンテンツも上位表示されていたような気がします。これらの品質向上のため、Googleのアルゴリズムも進化を続けるのでしょう。

しかし、良いと言う記事(コンテンツ)は、ある程度、普遍的なものです。従って、良いコンテンツを作ってさえいれば、特にGoogleのアップデート等による対応は不要だと思います。

極論を言えば、ブログコンテンツで雑誌や百科事典の様なコンテンツが作れれば、googleは評価すると言う事です。是非、挑戦してみてください。最初は無理でも、書いているうちにある程度は近づけるのではないでしょうか。


ブログのアクセスアップ【まとめ】

▼おすすめ


関連記事

ブログを書いてお金を稼ごう!『アクセスアップ』『WordPress』これだけ見れば何とかなります! ブログを書いてお金を稼ごう!『アクセスアップ』『WordPress』これだけ見れば何とかなります!


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ